夏だけではないUV対策

夏になるとUV対策を気にされる方も多くいらっしゃいますが、美肌のためには通年、毎日、日焼け止めを意識することが大切です。

紫外線にはUVBとUVAがあります。UVBは肌表面の日焼けや皮膚ガンの原因になる紫外線で、UVAは波長が長く肌の奥まで入って、シミ・シワ・たるみなどの老化の原因になります。

肌老化の95%はUVA、5%がUVBによるものと言われています。

UVBは、春5月から8月の朝10時から夕方16時ころが強い時期で、UVAは一年間降り注いでいますので、春夏に限らず毎日のUVケアが必要です。

UVBカットには、日焼け止めクリームに表記されている「SPF50」などのSPF、UVAカットには「PA++++」というようにPAが有効なので、日焼け止めを購入する際は両方記載されたものを選びましょう。

正しい使い方は、顔の場合は500円玉ひとつ分、ボディはゴルフボールひとつ分くらいが目安です。化粧品全般に言えることですが、適切な使用量をきちんと守っていない方が意外と多いので、必ず適量を使うようにしましょう。

また、朝塗っても5時間ほど経つと落ちしまって効果がなくなってしまうので、塗りなおしもしっかりすること。

シワやシミは一度できてしまうと時間と費用もかかるので、毎日のUVケアで予防して、出来るだけつくらないことです。

また、敏感肌の方には、日焼け止めが肌に負担になるため使用したくないという方も多いのですが、肌に最も良くないものが紫外線ですので、敏感肌の方こそしっかりとUVケアをすることが大切です。

最近の日焼け止めには、紫外線吸収剤フリーの敏感肌用に作られたものや、アレルギーテスト済みのものなど、昔とは違い今は選択肢も豊富ですので、デイリーケアにぜひ取り入れてみましょう。

最近大変人気のある飲む日焼け止めですが、日焼け止めクリームは紫外線から守ってくれるものに対して、飲む日焼け止めは紫外線ダメージを抑える働きがあるそうです。プラシーボ効果大ですが、実際に飲まれてる方は実感されてるようなので、これから検証してみたいと思います。

美容医療での毛穴やシミ取りについて

化粧品で根気よくお手入れしていても、肌の悩みが思うように改善しない場合、美容皮膚科や美容外科で行われる美容医療があります。

病院によって治療内容は異なりますが、一般的に美容皮膚科ではメスは使用せず、エステサロンでは許可されていない、ヒアルロン酸を注射したり、ケミカルピーリング、レーザーなどの治療をするのに対して、美容外科ではメスで切ったり縫うといったプチ整形などを行います。

最新の美容医療は日々進化していますので、どの方法を選択するか迷う方も多いと思いますが、臨床データが豊富でしっかり安全性が認められているものを選ぶましょう。

例えば、毛穴のトラブルには、ケミカルピーリングやビタミンCイオン導入の方法があります。

ケミカルピーリングは、自宅でセルフピーリングできるコスメよりもずっと高濃度の酸を顔に塗って、角質をはがして肌の再生を促進します。コラーゲンが増加するので、たるみによる毛穴が小さくなりますし、余計な角質も取れるので毛穴の詰まりにも効果的です。

また、シミ取りの治療には、レーザー治療とレチノイン酸、ビタミンCイオン導入があります。光を当てるフォトフェイシャルという方法もありますが、シミ取りにはレーザー治療の方がより有効です。

レチノイン酸は、コスメにも配合されているレチノールより強力なビタミンAの一種で、目の下の小ジワに使います。継続して使用することで、メラニンの排泄を活性化して、コラーゲンの生成も促進するので、シミ・シワ両方のケアに適しています。

最も重要なのは、病院選びですが、料金よりも、評判や実績で選ぶことがリスク回避につながります。

最近、美容医療トラブルが大変多く、若い年代ではネット広告が発端のケース、高齢者ですと新聞の折込広告による被害が増えています。ある81歳の女性は、たるみを治す治療に580万円も請求されたそうです。

そういった悪質な被害にあわないためにも、美容医療の口コミサイトや、医師の詳細情報を公開している美容医療プラットフォーム「IKKI」などで調査してからよく見極めて、いくつかカウンセリングを受けてみて、誠実に受け答えしてくれる医師を選びましょう。

スキンケアコスメの選び方

最新コスメを探すときに参考にしているのが、コスメ図鑑(https://www.cosmezukan.com)というスキンケア情報サイトです。最新のコスメ情報や口コミ、また肌理論に基づいた、クレンジングや洗顔料、化粧水、美容液などの正しい使い方や選び方も紹介されています。

美肌に欠かせない主なお手入れは、「保湿ケア」「紫外線対策」「睡眠」です。

保湿というと、化粧水が一番大切なアイテムだと誤解されてる方が大変多くいらっしゃいますが、化粧水の主成分は水ですので、つけた直後は潤いを感じられますが、しばらく経つと蒸発してしまいますので本当の保湿ケアとはいえません。

肌の潤いを高めるために最も効果のある成分として知られる保湿成分セラミドをコスメで補給することが、皮膚科医がいま一番奨める保湿ケアです。

セラミドは、水に溶けにくく、油分に溶けやすい性質なので、美容液や乳液、クリーム、オールインワン、化粧液などのアイテムに配合されています。水溶性の化粧水には配合されていません。

また、肌へ最も負担がかかってしまうクレンジングを選ぶときは、油と水をなじみやすくする合成界面活性剤が入っていないもの、また、リップカラーでは、タール色素が入っていない安全なものを選びましょう。

紫外線は、昔と比べると大変強くなっていますので、毎日の紫外線対策はとても大切です。UVクリームを選ぶときは、化学変化を起こして肌を傷めてしまう紫外線吸収剤配合のものではなく、チタン系の紫外線散乱剤配合のものを選びましょう。

紫外線吸収剤は、肌荒れの原因にもなります。紫外線吸収剤をガラスでコーティングして、肌に直接ふれないようにしたマックスライトのものも良いでしょう。SPFは、30くらい、肌の老化防止に役立つPAは、++または+++のものが良いでしょう。

SPFは数値が高いほど紫外線をカットができて、肌に良いように思われがちですが、肌への負担がかなりあります。紫外線散乱剤配合のSPF30・PA+++くらいのもので子供用の優しいものを、数時間おきに重ね塗りして使用しましょう。

肌荒れの原因と改善

肌荒れの原因のひとつは、化粧品に含まれる肌に有害な化学物質です。

防腐剤や使い心地を良くするために、基礎化粧品やメイクアップ化粧品、シャンプーやリンスなどのヘアケア商品の多くに含まれています。例えば、化粧水の主な成分は水ですので、雑菌を殺すための防腐剤が肌に刺激となります。

化粧水は、水とグリセリン、クエン酸で簡単に作ることができます。グリセリンは、肌に無害な保湿成分ですし、クエン酸を少し加えて弱酸性にします。精製水や浄水器を通した中性水で作り、冷蔵庫に保管して1週間以内で使い切ります。

また、洗浄力の強いシャンプーやリンスが肌に触れることも、肌荒れの原因になります。ヘアサロンのように上を向いてシャンプーをするか、石鹸で洗髪しましょう。

シャンプーは大変洗浄力が強いため、シャンプーを使用してる方は、皮脂分泌が盛んになっています。そのため、一日経つと頭皮がべたついてきます。ですが、石鹸で頭を洗いはじめると、だんだんと1ヶ月後には、皮脂分泌が正常になりますし、頭皮を傷めずに優しく洗うことができます。

そして、無添加やオーガニックとうたわれた化粧品にも注意しましょう。

無添加というのは、有害成分として昔に指定された成分が入っていないということで、それ以外にも海外では禁止されている有害成分がたくさん存在していて、多くの化粧品につかわれています。また、オーガニック化粧品でも同じようなことがいえますので、こういった表記によわい敏感肌や肌の弱い方は気をつけましょう。

それから、最近需要が広がっているメンズ化粧品も肌荒れの原因となります。男性は、女性よりも皮脂が多く角質が厚いので、何もしなくても自然と肌が潤う機能が備わっています。にもかかわらず化粧品を使うことで、肌に刺激や負担となる化学物質のせいで、潤いがなくなってしまい、乾燥肌や肌荒れをおこします。

ドラッグストアで市販されている顔を拭くためのウェットティッシュや、飲食店のおしぼりにも化学物質が使われていますので、これらで顔をゴシゴシ拭くのもやめましょう。

そして、食事や腸内環境も、肌荒れに大変関係しています。大事なことは、食品添加物が含まれているものを摂らないこと、糖化してるものをたべないこと、生野菜や果物を積極的に食べること、大食いしないこと、甘いものは控えることです。

腸内に悪玉菌が多くなると、せっかく食べた栄養も吸収されにくくなります。砂糖は悪玉菌を増加させて、その悪玉菌が肌を作る大事な酵素を消費してしまいます。また、糖を摂るとタンパク質と結びついて硬いコラーゲンになってしまうため、シワやシミの原因にもなります。

糖化された揚げ物や焼き魚、ケーキなどは、肌の老化をすすめます。

肌荒れに悩んでいる方は、これらの習慣化されたことを変えてみることが大切です。

ニキビと吹出物の治し方

ニキビは、正しい治療をすることで治ります。

13歳から18歳くらいまでの思春期のニキビは、一般的なケアで自然に治りますが、20歳以降のニキビや吹出物はセルフケアでは治りにくく、医師の治療によって3ヶ月程度で完治することができます。

思春期のニキビは、男性ホルモンの影響によって、皮脂腺の周囲が硬くなるため、徐々に出口がふさがってしまい皮脂が分泌されず横に膨らんで腫れた状態になります。そして、皮膚の表面にいるアクネ菌や雑菌に感染して悪化していきます。

はじめは白く、皮脂腺の入口が雑菌によって黒っぽくなり、そして手で触れたり、表在菌が感染して赤いニキビになります。

赤ニキビの場合は、病院での治療が必要になります。皮膚科ですと、一般的に抗生物質を処方しますが、私は抗生物質はできるだけ使いたくないので、まずは婦人科での治療をしてから、最後の最後にどうしても必要な場合、抗生物質をと考えます。

大人のニキビ・吹出物は、ストレス・偏った食事・睡眠不足・不規則な生活習慣が主な原因です。吹出物が出る場所は、顔・背中・おしりが多く、背中とおしりは不潔な状態から生じるものなので、清潔にすることで簡単に完治します。

逆に、顔の場合は洗顔のしすぎも原因のひとつです。皮膚の表面は、保湿とバクテリアで守られています。洗顔を丁寧にしすぎることで、肌を守っている大事なバクテリアをなくしてしまいます。洗顔は、肌への刺激となるスクラブ洗顔などは使用せず、よく泡立てたボリュームのある泡を肌にのせる感じで優しく洗いましょう。決してゴシゴシしないこと。

また、タオルで水分を拭き取るときも、擦らないで優しくおさえるようにします。

ニキビ肌の方は、血液の温度をあげて基礎代謝を促すお風呂に入ること、そしてバランスの良い食事、ストレスをためない生活を大事にしてください。

そして、吹出物は便秘が原因の場合もあります。腸に有害物質がたまると、皮膚から分泌しようと吹出物になります。とくに、お酒やたばこを吸う方に多いです。

婦人科では、赤い吹出物の場合、ビタミン剤、抗アレルギー剤、ホルモン剤によって、3ヶ月ほど治療します。吹出物を触ったりせず、医師のいうとおり治療をすれば、だいたい3ヶ月で自然な状態に回復します。

お化粧は、油分が含まれているので、ノーメイクが一番理想ですが、パウダーファンデーションなどのナチュラルメイク程度にしておきましょう。

毛穴・シミ・乾燥肌・くすみ・シミのスキンケア

スキンケアに関心がありながら、肌のことを正しく理解されてる方は少ないものです。

肌は、うえから表皮、真皮、皮下組織と3つの層になっています。

よく言われる角質層とは、表皮の一番外側の部分で、肌内部の水分をにがさないように防いだり、外からの刺激から守る働きがあります。表皮の一番深いところに基底層があり、そこで表皮細胞が作られて、次々と肌表面へと押しあげられながら、角質層の角質細胞になり、最後は垢になって剥がれ落ちます。

これをターンオーバーといって、若い方は28日くらいのサイクルでおこなわれますが、30代・40代と年齢肌を迎えると、40日以上かかってしまいます。

ターンオーバーが遅くなると、角層が厚くなって表皮が薄くなり、肌がガサガサしたり硬くなったり、肌がくすんだり、乾燥肌やシワといった肌トラブルがおきます。当然、メイクのノリも悪くなります。

このターンオーバーの遅れを速める方法として、溜まった古い角質を取って肌の再生を活性化するピーリングがあります。ピーリングをすることで、ザラつきも取れて、ツルツルとした化粧ノリも良い肌になります。

ピーリング化粧品には、フルーツ酸やAHA配合のものが多く市販されています。また、クエン酸と精製水があれば、簡単に手作りのセルフピーリングができます。

ピーリング後は、次のお手入れの浸透が良くなりますので、シミが気になるようでしたら、美白美容液をつけると良いでしょう。また、ピーリングした後は、きちんと保湿をして、外へでかける際は、できるだけ紫外線の影響を受けないよう、ファンデーションをつけて、日傘や帽子でカットしてください。

肌に異常を感じた場合は、さらに効果の弱いものに変えてみてください。ピーリングケアの目安は、週に1回から2回くらいです。毛穴のまわりも柔かくなりますので、毛穴も目立たなくなるでしょう。

剥がすタイプの毛穴パックは、そのときだけで、毛穴を目立たなくすることができませんし、余計に毛穴が大きくなることもあるので控えた方が無難です。

毛穴の角栓をキレイにするには、酵素洗顔料がよいでしょう。年齢肌に多いたるみによる毛穴の広がりは、ビタミンC誘導体配合の化粧品をつかって、真皮のコラーゲンを増加させて肌のハリを取り戻すことが有効です。

 

美容皮膚科医がすすめるスキンケア

東京港区にあります美容皮膚科の病院にて、30年ほど勤務しております美江と申します。

病院で毎日患者さんをみていますと、乾燥肌や敏感肌、シミ、シワ、たるみ、毛穴、ニキビ、炎症などの肌トラブルの方が大変多くいらっしゃいますが、そういった悩みを持った方のほとんどが、美肌づくりやエイジングケアに非常に熱心な20代、30代、40代の女性たちです。

クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、クリームや乳液のほかに、ローションパックや美顔器でマッサージをしたりと、人一倍努力されてます。にもかかわらず、なぜ彼女たちの素肌はボロボロなのでしょう。

それは、良かれと思って習慣化して5年、10年、20年と毎日続けてきたスキンケアが、実はまちがっていたからです。

正しいスキンケアを学ぶ機会というのは、学校でも滅多にありませんし、ほとんどの方がお母さんやお祖母ちゃんのスキンケアを見たり、美容雑誌で読んだり、ほぼ自己流の方も多いかもしれません。

ですので、手間暇かけてお手入れすれば、それに比例して美肌を手に入れることができると誤解されて、クレンジングや洗顔を丁寧に5分間以上かけて洗いすぎてしまったり、化粧水を大量に肌につけるだけのお手入れ、美顔器で長時間マッサージするなど、まちがったスキンケアを長年信じて続けていらっしゃる方が大勢見受けられます。

なかには、化粧品の販売員の方も多くいらっしゃいます。コスメを扱うプロの方でも正しいお手入れ方法や化粧品の選び方を知らないのですから、店頭では販売員の言葉をそのまま鵜呑みにせず、自分の判断で選ぶ知識を多くの人にぜひ知ってもらいたいと願っています。

肌は、正しいお手入れをすると、きちんとそれに応えてくれます。それに、なにも難しいことはありません。高級化粧品を買ったり、美容クリニックやエステサロンへ通わなくても、毎日正しくスキンケアをおこなえば、透明感のある健康的な肌になることができます。

もちろん、肌がキレイになるためには、スキンケアのほかにも欠かせない大事なことがあります。食事、睡眠、運動、そしてストレスをためない生活です。

肌や顔は、歳と共にその人自身が反映されます。いくつになっても笑顔が素敵な方は、血色のよい健康的な肌をされていて、どんなお手入れをされてるか尋ねると、きまってシンプルケアです。

肌理論にあった正しいスキンケアのお話を、これから紹介していきたいと思います。