夏になるとUV対策を気にされる方も多くいらっしゃいますが、美肌のためには通年、毎日、日焼け止めを意識することが大切です。

紫外線にはUVBとUVAがあります。UVBは肌表面の日焼けや皮膚ガンの原因になる紫外線で、UVAは波長が長く肌の奥まで入って、シミ・シワ・たるみなどの老化の原因になります。

肌老化の95%はUVA、5%がUVBによるものと言われています。

UVBは、春5月から8月の朝10時から夕方16時ころが強い時期で、UVAは一年間降り注いでいますので、春夏に限らず毎日のUVケアが必要です。

UVBカットには、日焼け止めクリームに表記されている「SPF50」などのSPF、UVAカットには「PA++++」というようにPAが有効なので、日焼け止めを購入する際は両方記載されたものを選びましょう。

正しい使い方は、顔の場合は500円玉ひとつ分、ボディはゴルフボールひとつ分くらいが目安です。化粧品全般に言えることですが、適切な使用量をきちんと守っていない方が意外と多いので、必ず適量を使うようにしましょう。

また、朝塗っても5時間ほど経つと落ちしまって効果がなくなってしまうので、塗りなおしもしっかりすること。

シワやシミは一度できてしまうと時間と費用もかかるので、毎日のUVケアで予防して、出来るだけつくらないことです。

また、敏感肌の方には、日焼け止めが肌に負担になるため使用したくないという方も多いのですが、肌に最も良くないものが紫外線ですので、敏感肌の方こそしっかりとUVケアをすることが大切です。

最近の日焼け止めには、紫外線吸収剤フリーの敏感肌用に作られたものや、アレルギーテスト済みのものなど、昔とは違い今は選択肢も豊富ですので、デイリーケアにぜひ取り入れてみましょう。

最近大変人気のある飲む日焼け止めですが、日焼け止めクリームは紫外線から守ってくれるものに対して、飲む日焼け止めは紫外線ダメージを抑える働きがあるそうです。プラシーボ効果大ですが、実際に飲まれてる方は実感されてるようなので、これから検証してみたいと思います。