スキンケアに関心がありながら、肌のことを正しく理解されてる方は少ないものです。肌は、うえから表皮、真皮、皮下組織と3つの層になっています。よく言われる角質層とは、表皮の一番外側の部分で、肌内部の水分をにがさないように防いだり、外からの刺激から守る働きがあります。表皮の一番深いところに基底層があり、そこで表皮細胞が作られて、次々と肌表面へと押しあげられながら、角質層の角質細胞になり、最後は垢になって剥がれ落ちます。これをターンオーバーといって、若い方は28日くらいのサイクルでおこなわれますが、30代・40代と年齢肌を迎えると、40日以上かかってしまいます。ターンオーバーが遅くなると、角層が厚くなって表皮が薄くなり、肌がガサガサしたり硬くなったり、肌がくすんだり、乾燥肌やシワといった肌トラブルがおきます。当然、メイクのノリも悪くなります。このターンオーバーの遅れを速める方法として、溜まった古い角質を取って肌の再生を活性化するピーリングがあります。ピーリングをすることで、ザラつきも取れて、ツルツルとした化粧ノリも良い肌になります。ピーリング化粧品には、フルーツ酸やAHA配合のものが多く市販されています。また、クエン酸と精製水があれば、簡単に手作りのセルフピーリングができます。ピーリング後は、次のお手入れの浸透が良くなりますので、シミが気になるようでしたら、美白美容液をつけると良いでしょう。また、ピーリングした後は、きちんと保湿をして、外へでかける際は、できるだけ紫外線の影響を受けないよう、ファンデーションをつけて、日傘や帽子でカットしてください。肌に異常を感じた場合は、さらに効果の弱いものに変えてみてください。ピーリングケアの目安は、週に1回から2回くらいです。毛穴のまわりも柔かくなりますので、毛穴も目立たなくなるでしょう。剥がすタイプの毛穴パックは、そのときだけで、毛穴を目立たなくすることができませんし、余計に毛穴が大きくなることもあるので控えた方が無難です。毛穴の角栓をキレイにするには、酵素洗顔料がよいでしょう。年齢肌に多いたるみによる毛穴の広がりは、ビタミンC誘導体配合の化粧品をつかって、真皮のコラーゲンを増加させて肌のハリを取り戻すことが有効です。